鍼灸保険適用について

次の病気については鍼灸で健康保険がうけられます。

 

  1. 神経痛…例えば坐骨神経痛など。
  2. リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
  3. 腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。
  4. 五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
  5. 頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
  6. 頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

 

その他これらに類似する疾患など。

 

一部健康保険では取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもあります

 

保険で鍼灸治療を受けるまでの流れ

1. 同意書をもらう

 

    

    まず初めに当院受付にて同意書の用紙をお受け取りください。

 

    かかりつけの病院がない場合はご相談ください。

 

 

2. 病院で鍼灸治療が必要か判断してもらい同意書を発行してもらう

   

    

    病院での診察後、病院側が必要であると判断して頂ければ同意書を発行して頂けます。

 

    (医師の判断により検査等を受けていただく場合もあります。)

 

 

3. 当院に同意書を提出していただく

 

     

     病院にて発行された同意書をお持ちください。

 

     お持ちいただいた日から健康保険にて鍼灸治療を受けることができます

 

 

 

 

 同意書の有効期限は3ヶ月です

 

 3ヶ月以上の治療には再度、医師の同意書が必要です